鳴門コウノトリ日記

国の特別天然記念物 コウノトリ 鸛。 兵庫県豊岡市 から 約150キロ、 徳島県鳴門市 に飛来し巣作りをしました。
鳴門コウノトリ日記 では、鳴門のコウノトリ に関する 記録 話題 情報 など 紹介していきたいと思います。
Tokushima Naruto Kounotori Ciconia boyciana Diary

タグ:鳴門コウノトリ

徳島県鳴門市 某所 鳴門コウノトリ ペア J0044 父親 J0480 母親 電柱の巣。

鳴門コウノトリ ペア J0044 ゆうひ J0480 あさひ 吐き出し 吐き戻し により
2021年4月2日 までに ふ化、ひな誕生 が 推定 発表されました。

2021年4月6日 現在 元気な 雛 ひな の 様子が確認されています。
徳島県鳴門市 鳴門コウノトリ 雛 ひな 2021年4月6日 撮影

雛 ひな の 羽数については、公式的な見解 発表がない為、自粛しています。

以下 情報なども ご参考にしてください。
https://www.naruto.kounotori.tokushima.jp/
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

国の特別天然記念物 コウノトリ
徳島県鳴門市 鳴門コウノトリ に関する FAQ FQA 情報 を 作成してみました。
https://www.naruto.kounotori.tokushima.jp/fqa/
 
度々たずねられる 質問 回答 など
コウノトリ 産卵 本格的な抱卵 判定 推定方法
コウノトリ カップル ペア 違い
コウノトリ 放鳥 ハードリリース ソフトリリース
コウノトリ 足環 による 個体識別
 
鳴門市 市の鳥 コウノトリ
鳴門市大麻町 鳴門コウノトリ 電柱の巣

など その他 いろいろ案内 準備中

以下 情報なども ご参考にしてください。
https://www.naruto.kounotori.tokushima.jp/
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

徳島県内 CATV ケーブルテレビ 121ch けーぶる12 にて、
徳島県鳴門市 CATV ケーブルテレビ NCV テレビ鳴門 にて 放送された、
鳴門コウノトリ ヒナの成長記録 ~巣立ち2020 総集編~ が 放送されます。

2020 鳴門コウノトリ ヒナの成長記録 総集編 ~誕生から巣立ちまで~
2020年8月12日(水) 11:00 から  21:00 から
2020年8月13日(木) 11:00 から  21:00 から


徳島県 鳴門市 コウノトリ
TOKUSHIMA NARUTO KOUNOTORI Ciconia boyciana
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

徳島県鳴門市大麻町 鳴門コウノトリ 幼鳥 J0280 海 水路を泳ぐ。
コウノトリ が 泳ぐ 珍しい 映像 です。 無音 動画。

幼鳥 J0280 海 2020年7月8日 撮影 無音 動画

幼鳥 J0280 海 オス が 2020年7月8日 11:15 ごろ 増水した用水路 から 抜け出せなくなっているのが発見されました。数分程度 見守ってましたが、なんとか自力で脱出していました。 飛んだり エサを食べている ので 大けが は ない 雰囲気です。

徳島県鳴門市大麻町 某所 電柱の上 2020年6月16日 巣立ち した 国の特別天然記念物 コウノトリ J0280 海 ( かい ) オス。 親鳥 J0044 父親 ゆうひ J0480 母親 あさひ。


以下 情報なども ご参考にしてください。
https://www.naruto.kounotori.tokushima.jp/
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

徳島県鳴門市 鳴門コウノトリ 足環 一覧 2020年1月24日 現在

鳴門コウノトリ を見る楽しみから、 この コウノトリ は 誰なんだろうか?
っと さらに楽しんでもらう為に作成しました。

※ 近年 飛来 滞在 コウノトリ など も 含む
※ 大きな画像で見たい場合は、 画像をクリックしてください。
徳島県鳴門市 鳴門コウノトリ 足環 一覧 2020年1月24日 現在

※ 個人的な 資料 です。当人が 鳴門市内 で 遭遇した コウノトリ であり、運悪く遭遇できていないのは 一覧に 含まれていない可能性もあります。 2020年2月6日 現在 でも リストに 追加 はありません。

以下 情報なども ご参考にしてください。
https://www.naruto.kounotori.tokushima.jp/
 
 
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
 

↑このページのトップヘ